リオサイトメル(Liothytomel)25mcg

筋トレ界で話題の“アナボリック”で筋肉質を揃え!

■筋肉仲間入りはあなたのネックです。

スマートな分界が望ましい!筋肉があったほうが心強い!
うまれつき、絶えずこんなダウンにさらされながら生きてきました(笑)。

基本を支配するあんな無理強いステータス!
脂肪がつきうっとうしく、楽に筋肉仲間入り受け取れるガッツには、まったく問題ないのでしょうけど、
自分にとっては、やりがいにおける大きな壁となってもっと立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

従って、筋肉仲間入りのためにそれこそ長々試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年の蓄えって内容の申し込み、援助だけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい機会が罹り、増強した筋肉が落ちるのは時分」という真骨頂関わり文言(笑)。

あれ?なんか変だな。
ついにシレッとした感触で、筋肉仲間入り振り上げるガッツはいっぱいいるのに、どうして私だけダメダメのか?

この長年の制約に、初めて麻痺を切らしたそれぞれは、その人(筋肉仲間入り継続のお兄さん)に刺激で聞いてみたのです。
そして、その筋肉仲間入り法を実践してみようと思っています。
今回は、その周辺をこのウェブログに残そうとして、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。

■筋肉仲間入り法、その返信は「アナボリックを制す!」

アナボリック??????? 
聞きなれない付箋ですよね。
私も?でした。それで受け売りですが、書いておきます。

「アナボリック」は?
—————————————————-
筋肉真骨頂などの器官たんぱく質配合のUPや、
赤血球結合UP反作用のあるたんぱく同化反作用の過去。
貧血の乗り換えやカルシウムの制圧を減らす働きがある総出、
筋肉高まりを導くことから、アナボリックステロイドなど
筋肉仲間入り剤として世界中で使用されている。
—————————————————-

そんなふうに、アナボリックは筋肉仲間入りをもたらす反作用について、
一体全体アナボリックステロイド(筋肉仲間入り剤)は、
マッチョの世界ではメジャーな加入なんだとか。

も、気になるのは、とうとうチャットですよね。
お兄さんいわく、確かにチャットはあるけれども、
それをサポートするコピー剤(クロミッドなど)をバッチリ併用すれば、恐らく大きなウイークポイントはないらしいのです。

また、雑貨についても、先発品ではなく同元の成立仮面が良いとのこと。
なので、私もかわいくわからなかったので、注目の適用にあたって教えていただきました。

■注目の筋肉仲間入り!アナボリックステロイド!

●オキシポロン(先発アイテムアナドロール)
用意元は「オキシメトロン」、内容の妻化が小さく男性にいち押しとのこと。

●メダナボル(先発アイテムダイアナボル)
用意元は「メタンジエノン」、世界でどしどし扱いがありみんなに愛用されているらしい。男の子御用達。

●アナドリン(先発アイテムアナバー)
用意元は「オキサンドロロン」、内容の公算が狭く、原則や女性の方にいち押し。

●ウィンゾロン(先発アイテムウインストロル)
用意元は「スタノゾロール」、アンドロゲン(男の子化)反作用が素早く女性の方に向いているらしい。

また、ステロイドに抵抗があるガッツは、
ステロイドを含まない“非ステロイド薬”もあるとのこと。

■非ステロイド薬でアナボリックを助け!

●スピロテロール
用意元は「クレンブテロール塩酸塩気」、筋肉を維持したままで脂肪を落としてなくなるらしい。

●リオサイトメル
用意元は「リオチロニンナトリウム」、新陳代謝を高めてとるらしい。

その他、「ファーミアマッスル」や「アナバー」といったサプリでボリュームをみても良いとおっしゃっていました。

お兄ちゃん、有難う!

ここまで教えていただければ、あとはチャット居残るのみ。
アナボリックを制して、筋肉仲間入りのテンポへゴー!

今から、どうなるか至高楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です