みっちゃんだけど堀口

また相談が変わってね。この時期のジョークっていうのはね。それはプレーヤーの成果更改ですよね。
次いで、ヤクルトも成果更改も始まってはいるのよね。今年はヤクルトは歴史的な失態かたを通してしまったから、年収失速のプレーヤーが多発しても仕方ないし、わからないのでしょうけれども、今年の年収総額がソフトバンク、巨人、阪神の次の4番目というため、A授業に入らないといけないわけでね。そうなってしまうとね。まさかね。
今年は複数年成果をしているようなプレーヤー。畠山や川端が依然として活躍していないということがね。大問題でね。
山田も足取りが良くはないのですが、でも全コンペティション列席しているのでね。そのあたりははっきり仲間としてはちゃんと後押しをね。してはいらっしゃるけれどもね。
優勝するときっていうのは、主役プレーヤーがダメージせずにフル稼働というのがね。デカイことですよね。ある意味優勝した時っていうのは、レアな世代なのかな?という事柄?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です